scroll

1歩引いて見渡してみたら
全然違う世界が広がって
いまました。

2016年入社/
京都学園大学 バイオ環境デザイン学科
医薬品開発 田村 麻侑 TAMURA MAYU
NTRODUCTION イントロダクション

自分のやりたい仕事に集中するあまり視野が狭くなっていた田村麻侑さん。完全に壁にぶつかってしまった就職活動からどのように発想を転換して、トラスト・テックとの出会いがあったのか、その経緯を詳しく伺いました。

01

患者様の治療に役立つ
やりがいのある
治験薬の仕事。

一般的には、なかなか関わることのできない珍しいお仕事をされていると伺ったのですが?

治験薬の開発に携わっています。プロジェクトリーダーが治験薬の企画を決めて、その企画に従って、容器の洗浄から薬品の調合、製品化までを一貫して行う仕事です。量産する前の試作段階のものなので、普通ではなかなか携わることのできない仕事だと思います。製薬会社などのお客様とご相談しながら1週間で数千本の治験薬を製品化します。

治験薬の開発も、技術系の仕事に入るんですね。
トラスト・テックが携わる仕事の幅の広さに驚きました。
ところで、大学の専攻は医薬系だったのでしょうか?

いいえ、違う分野でした。専攻は「バイオ環境デザイン学科」だったのですが、バイオ系の中でも植物生産という分野で農業や食品加工、植物の病気に関する研究をしていました。

化学など理系の知識はもちろん活かすことができますが、専攻分野とは違うため、最初は仕事についていけるか不安だったのですが、配属から2年経ち、仕事の流れや開発のことが徐々に分かるようになってきました。

最近は、ミーティングでも、「もっとこうしたら良い治験薬になるのではないか」という意見を出すことができるようになり、仕事がとても面白くなってきました。

治験薬の開発は、病気で困っている患者様に対して、新しい治療を提供する仕事です。私たちの携わった仕事が、患者様の治療に活かされていると思うと、やりがいのある仕事だと思います。

02

食品開発の仕事を
求めて奔走した
就職活動。

最初から治験薬の仕事をめざして、トラスト・テックに入社されたのでしょうか。

先ほどお話ししたように、大学時代は農業や食品加工を勉強してきたので就職活動を始めた当初は、食品開発の仕事を目指して就職活動を行っていました。食品開発は、理系の学生に人気の高い職種だったので、あともう一歩のところで内定には及びませんでした。全部で20社以上の採用選考は受けたと思います。

そこで、もう少し視野を広げて“ものづくり”という観点で会社を探してみようと思ったところでトラスト・テックの存在を知りました。正直なところ、最初は「アウトソーシング事業」という言葉も知らなくて、何の仕事だろうというところから入ったのですが・・・。結果的に応募・選考に進んだのは、食品開発もそうですが、“もの”を作る仕事に興味があったことと、化学系の仕事をしたいという希望を叶えられそうだったからです。

question

「ものづくり」や「技術系」の
会社というと
男性の職場という
イメージが強いのですが、
抵抗はありませんでしたか?

近日公開!

登録された方には
いち早くお知らせ!

ページトップへ