就活おもしろリサーチ

number03

就職活動のテーマ曲

年が明けて、就職活動解禁日まであと2か月足らず。
期末試験の準備に、ゼミの活動に、そして来る解禁日に向けて、業界研究に、自己分析に理系学生の皆さんは、
忙しい毎日を送っているのではないでしょうか。

忙しい毎日を送るなかで、くじけそうなとき、落ち込んだときに、自分自身をあげてくれるのが音楽です。

今回のお題は、就職活動の「テーマ曲」。
先輩、就活生たちは、どんな音楽を聴いて就活を乗りきったのか、その興味深い回答を見てみよう。

先輩たちにとってのBEST5は(2018卒)

「2018新卒 マイナビ学生就活モニター調査(2017.09)」より

先輩たちのコメント(2018卒)
  • 【1位】
    負けないで/ZARD
    • 不合格になっても諦めずにやっていけば必ず報われるから(理系男子)
    • 人生最大の挫折を感じ、それを乗り越え、自分をなんとか奮い立たせるため(文系男子)
    • あともう少しと思いながら頑張りきったため(理系女子)
  • 【2位】
    サイレントマジョリティー/欅坂46
    • 「同調圧力に流されるな」という曲の主題に勇気づけられたため。
      面接や説明会の場でいい意味で空気を読まずに済んだ(文系男子)
    • 歌詞がすごく心に響いたからです。自分が信じた道を信じ、また頑張るべきなんだと感じて力になりました(文系女子)
    • 私は新しいことを始めるとき、ものすごく心に負担がかかる。そんなときにこの曲を聞くと、変わらなきゃいけない、今やらないきゃ!という勇気が湧いてくる(文系女子)
  • 【3位】
    終わりなき旅/Mr.Children
    • 歌詞が就職活動の面接に向かう自分とマッチしていた。面接前に聞いて明るい未来を想像した(理系男子)
    • この曲を聴くことで、志望度の高い企業に落ちても、何度も前を向いていけました(理系男子)
    • 1つの企業がだめだったとしても、諦めずに切り替えて進んでいく力をもらいました(理系女子)
  • 【4位】
    栄光の架け橋/ゆず
    • 就職活動でうまくいかず泣いているのは自分だけじゃないと思えて前向きになれた(文系女子)
    • オリンピックに出場した選手の緊張やプレッシャーを考えると自分は全然大丈夫だと少し落ち着くから(文系男子)
  • 【5位】
    サクラ咲ケ/嵐 
    • 就職活動でうまくいかなく、挫折しかけたときに、歌詞のフレーズに勇気を与えてもらい、就職活動を最後まで続けられたから(文系男子)
    • 就職活動がゴールではないけれど、来春から新たな生活を始めるに当たり良いスタートが切れる応援ソングだから(理系男子)

リサーチの「ここに注目!」

1位の「負けないで」は、2018卒生だけでなく、2016卒生、2015卒生(2017卒生実施せず)のアンケートでも1位にランキング。
「負けないで」は、1993年に発売されたZARDのヒット曲。20年以上の時を経て、今でも幅広い層に支持されています。♪
「負けないでもう少し、最後まで走り抜けて~」という歌詞が就活生の折れそうな心を奮い立たせてくれます。
まさに、就活定番ソングと呼んでもいいでしょう。

2位にランクインした「サイレントマジョリティー」は、2016年にヒットした欅坂46のデビュー曲。
選曲した理由として、面接や試験に「自分の意思をしっかり持って臨む」「自分が信じた道を信じる」といった決意をあげる就活生が
多かったのが印象的でした。

くじけそうなとき、落ち込んだときに
自分の気持ちがあがるテーマ曲を見つけて、気持ちを奮い立たせてみては?

「トラスト・テックで
 就活の一歩を踏み出そう」

理系就活便は、
就活のヒントや若手社員のインタビューなど、
就活生に役立つ情報を定期的にお届けします。

ぜひ登録を!

働くイメージがつかない、
先輩の就活体験を聞いてみたい

そんな方は

「1DAYインターンシップ」

ESの書き方を知りたい
面接をパスするための対策が知りたい

そんな方は

「早得ガイダンス」

ページトップへ