社員インタビュー

現場で活躍する社員が語る、トラスト・テックの強みとは。

万全のバックアップ体制で技術力を伸ばし、
不安なく働ける環境作りをサポート。
お取引先、エンジニアともに満足度No.1へ!

フィールドエンジニアリング事業部
関東営業部 部長 | 佐藤 聖也

営業担当と採用担当が緊密に連携することで、
スピーディーかつ確かなマッチングを実現。

営業担当の仕事は、お取引先企業のご要望にお応えすることです。同時に、トラスト・テックでは、エンジニアとコミュニケーションを密にすることも営業担当の重要な役割です。一人ひとりの希望をしっかりと受けとめ、持っているスキルやキャリアプランを考慮したうえで適切なマッチングを行うことが、お取引先企業の利益にもつながると考えているからです。

そのため、採用担当とも緊密に連携しています。たとえば、応募者の方が採用面接に来てくださるとき、その拠点の社員全員がどのような方なのか事前に把握しています。そして、どんな候補先企業があるのか、すぐに具体的なご案内をします。これは、朝礼の時点で「こういう応募者の方が来社されます」「こういった業務案件があります」など、最新の情報を全員が共有しているからです。

単に連携するだけでなく、採用面接で営業担当が同席することもあります。職場の雰囲気や仕事の内容、お取引先企業の希望など、応募者の方が気になる部分をよりリアルに伝えられますので、ミスマッチの防止にも役立っています。勤続年数の長いエンジニアの多さが、その何よりの証です。お取引先企業にも、エンジニアにも喜んでいただくのが私たちの願いであり、使命なのです。

お取引先とエンジニアをつなぐ“ハブ”として、
提案は具体的に、ケアはきめ細かく。

マッチングだけでなく、お取引先企業とエンジニアの間に立って、日々きめ細かいケアを行うのも営業担当の役目です。

お取引先企業には、ご要望を受けてから動くのではなく、ニーズを先取りするように心がけています。どのような人材が必要なのかを察知するためコミュニケーションを欠かさず、常に「こういった仕事のできるエンジニアがいます」と具体的な提案ができるようにしているのです。そうすることで、「自社採用のみにこだわっている」、「決まった会社としか取引をしない」企業との契約にも数多く成功しています。また、中長期的な視野に立った「人材リソースの活用法」のご提案も積極的に行っていますので、経営トップ層からご相談をいただくことも少なくありません。

エンジニアとは、最低でも月に1回はコンタクトをとります。仕事の状況を確認しつつ、困り事や不安事などのヒアリングを行って、安心して働いていただけるようサポートしています。お悩みの内容によっては、お取引先企業との面談をセッティングして、迅速な問題解決を目指します。そうすることで職場全体の雰囲気や作業効率が改善し、お取引先企業の業績アップにつながったケースも数多くあります。「いつでも近くに営業担当がいるので、職場でできない相談もしやすい」、「しっかりと要望を聞いてくれる」「見守られている実感があるので安心」といった信頼の声をいただくのが、私たちにとっても大きな励みになっています。

スキル・知識にマネジメント力も備えた
トップエンジニアへの成長をバックアップ。

毎日さまざまな企業を回っていますが、どこでも優秀なエンジニアを必要としていると感じています。その点、高い技術を持つエンジニアが多数揃っているのがトラスト・テックの大きな強みです。もともとの能力やキャリアのみに頼らず、教育研修制度を充実させて常にスキルアップを目指しています。私たち営業担当も、一人ひとりの「スキルアップ計画書」をもとに二人三脚で成長をバックアップしています。

さらに、細分化したお取引先企業のご要望にもお応えできるよう、オーダーメイドスタイルの教育プランも実施しています。企業ごとに異なる必要なスキル・知識を、すでに就業している先輩エンジニアが講師として教える仕組みです。こうした事前学習を行うことによって、新卒エンジニアや他分野で実績のあるエンジニアも安心して働くことができます。また、先輩エンジニアも、教える立場になることでより能動的に成長できるきっかけにもなると、お取引先企業からも喜ばれています。技術的なスキル・知識だけでなく、プロジェクト全体のマネジメントも可能なワンランク上のエンジニアを育成できるのが、トラスト・テックの新たな強みになっていくと確信しています。