社員インタビュー

現場で活躍する社員が語る、トラスト・テックの強みとは。

年齢に関係なく、高みを目指すエンジニアを
徹底的にサポートする教育・研修体制があるから
「100%採用」を目指せるのです。

エンジニアリング事業部 北関東営業部
コーディネートグループ
グループマネージャー | 片岡 慎一

本人も気付かない真の強みを引き出すことで、
前職以上の能力を発揮するマッチングが可能。

中途採用担当として、たくさんの転職を考えているエンジニアの方とお会いしていますが、もったいないと感じることがよくあります。意外と、ご自身の強みを理解されておらず、前職と同じプロダクトにこだわられている方が多いのです。たとえまったく異なる業界でも、携わっていた内容によっては前職以上に能力を発揮できるケースは少なくありません。そのことをお伝えするとほとんどのエンジニアの方は驚かれますが、実際に就業するとみなさんイキイキと活躍されています。

これは、トラスト・テックが数多くの優良企業とお取引をしているからこそ可能なことだと自負しています。多岐にわたる業界、職種について横断的に理解し、かつ最新情報を入手できるのは大きな強みです。さらに、日々さまざまな企業を訪問している営業担当とも密に連携していますので、どのようなスキルを持つエンジニアが求められているか、リアルタイムで把握しています。

そして、転職を考えて応募されるエンジニアとの面接では、まず全面的にご本人の希望を伺います。どのようなキャリアアップを考えられているのか、条件面を含めて本音を聞き出しますので、適切なマッチングが実現できるのです。履歴書や職務経歴書に記された内容だけ見れば意外と思われるマッチングもありますが、エンジニアが持つ真の強みとお取引先企業のご要望が一致していますので、双方に喜ばれる結果につながるのです。

高付加価値を持つ人材を創造するため、
キャリアアップのための投資は惜しまない。

「自分のスキルに今ひとつ自信が持てない」というお悩みを持つ応募者の方も少なくありませんが、まったく心配いりません。中途採用で入社した社員にも、スキルアップのための投資を惜しまないのがトラスト・テックの特長です。自社の研修センターでは、現場で豊富な経験を積んでいる先輩エンジニアが、実践で役立つ知識やスキルを教えています。また、外部研修も積極的に導入していますので、お取引先企業が要望するスキルをピンポイントで磨くことも可能です。

お取引先企業も、単に「補充」のための人材はもはや求めていません。必要なのは、高付加価値を持ち、期待以上の成果を挙げられる人材です。就業すれば、お取引先社員と対等な立場でプロジェクトに携わることになりますので、ふさわしいスキルや知識を持っていなければ通用しません。だからこそ、私たちも常に教育・研修体制の拡充に努めています。

トラスト・テックが「100%採用」をモットーとできるのは、そうした教育・研修体制が整っていることの証明でもあります。ですから、年齢も性別も関係なく、積極的に応募者様とお会いし、スキルや希望に応じてスピーディーにキャリアアップのための選択肢を提示しています。いわば、エンジニアに特化したキャリアコンサルタントとして、ものづくりへの強い意欲を持つ人材をとことんサポートするのが、私たち採用担当の役割なのです。

安心して働ける環境を整えるため、
住まいや生活面もしっかりサポート。

トラスト・テックのエンジニアは全員正社員雇用です。福利厚生制度も充実しています。たとえば、希望する仕事によっては引っ越しが必要になる可能性もありますが、その際の費用は全額会社が負担します。社宅ならば家賃補助もあります。周辺環境についても、私たち採用担当がしっかりリサーチして事前にお伝えしています。また、全国に拠点がありますので、事情によっては転勤の相談もできます。ご両親の体調が悪化されたため、仕事を辞めて実家に帰ることを検討されていたエンジニアの方がいたのですが、周辺のお取引企業と急遽マッチングして無事にUターンを実現できた例もあります。

このように、エンジニアが安心してキャリアアップを目指せる環境づくりのため、私たちはバックアップを惜しみません。お取引先企業の利益にも、トラスト・テックの発展にもつながるからです。実際、お取引先企業の社運をかけたプロジェクトの中枢で活躍するエンジニアはたくさんいます。派遣という言葉から、スポット参加のサポートメンバーをイメージする人も多いかもしれませんが、私たちには「ものづくりの現場を支えている」という自負がありますし、それだけの実績も挙げています。ですから、人材派遣会社の常識を超えた「総合エンジニアリング企業」として誰からも認められる存在になる日も近いと確信しています。そのためにも、「エンジニアから支持される会社No.1」であり続けたいと思っています。