社員インタビュー

現場で活躍する社員が語る、トラスト・テックの強みとは。

安定した財務基盤と豊富な実績をもとに、
トップ企業を支える一流のエンジニアの
卵を見つけ出すのが私たちの使命です。

新卒採用部 | 渡司 貴子

「その人のいい所を見る」が基本スタンス。
2017年度は300名採用が目標!

トラスト・テックは、高い技術力を持つエンジニアの集団として、多くの企業を支えています。創業から現在に至るまで黒字決算を続け、2013年12月には東証一部上場を果たしました。経団連にも加盟しているなど、社会的な責任を果たしている企業として着実に成長を遂げてきました。東京本社をはじめ、現在日本全国27ヵ所に拠点を設置しています。

お取引先も、安定した業績を誇る優良企業ばかりです。確かな実績を長年築いてきたことで、トラスト・テックへの信頼は日々高まっています。新卒採用に力を入れているのはそのためで、2016年度は全国で200名を採用しました。2017年度は、1.5倍となる300名の採用を目指しています。

私共の選考は”ふるいにかける”ための選考ではなく”採用する”為の選考です。出会った学生みなさんのいい所、将来性など可能性を見つけるために面接を行います。もちろん、すべて手厚い福利厚生が受けられる正社員雇用です。「社員を大切にしない会社に成長はない」というのが私たちの考えですので、安心して働くことができます。

さまざまな優良企業で多彩な仕事を経験し、
第一線の技術を習得できる。

私たちのお取引先企業は、自動車、半導体、電気部品、電子機器など多種多様です。そうしたさまざまな先端分野のプロジェクトの中核で働けるのが、トラスト・テックの強みです。

一つの分野にとどまらず、複数分野を経験できるのも魅力です。メーカーのエンジニアとして働く場合、その分野のみ、もしかするとさらに細分化された一工程にしか携われない可能性もありますが、トラスト・テックならばデジタル家電から自動車、更には航空宇宙工学までまで幅広いスキルを磨くことができるのです。しかも、お取引先は優良企業ばかりなので、最先端設備が整う環境で第一線の技術を身につけることが可能です。

新卒エンジニアは、社会人1年生。大学や専門学校でスキルや知識を習得していたとしても、現場で活用するのは入社してからです。そんな状況で業界や職種を絞り込むのは決して簡単ではありませんし、働いてからミスマッチに気付く可能性もあります。その点、トラスト・テックなら働きながら最適な業界、職種を探すことができるのです。

教育・研修体制も万全!
意欲さえあれば成長できる環境が整う。

いろいろな業界、職種を経験できると言っても、スキルや知識がない状態で送り出すことはしません。すぐに戦力として働けるよう、教育・研修体制も充実させています。自社で研修センターを用意しているほか、必要に応じて外部研修機関も積極的に活用。一人ひとりの課題や目標に合わせて、そしてお取引先企業で必要なスキルが習得できるよう全力でサポートしています。資格支援制度や通信教育補助制度もありますので、高い意欲を持っていれば、いくらでも成長することができます。

また、初めて社会人となるのですから、ビジネススキル向上にも配慮しています。入社前の内定者研修であいさつや身だしなみなどのビジネスマナーを学ぶほか、私たち採用担当もメールでの連絡に返信がない場合に注意するなど、細かなことでも気付いたことは積極的にアドバイスしています。

トラスト・テックのエンジニアは、自社ではなくお取引先で初めての社会人生活をスタートさせます。確かに、通常の就職よりも厳しい環境かもしれませんが、それだけに成長のスピードも早くなります。まさに、一流のエンジニアとなるための近道ではないでしょうか。